飲食店で役立つ日本酒の資格はこれ!


日本酒を提供する飲食店は以前に比べ多くなりました。
そのため、日本酒の資格を取得することで就職や転職などに役立てることができます。ただ、日本酒の資格は趣味の延長のようなものもあり、幅広いのが特徴です。

飲食店で役立つ日本酒の資格

飲食店で役立つ日本酒の資格として代表的なのが利酒師の資格です。利酒師の資格は日本酒の知識を問われるだけではなく、テイスティング能力や日本酒の楽しみ方を提供する能力も必要となります。
そのため酒類の販売店や飲食店に務めている人が取得することが多く、さらには日本酒に興味を持つ芸能人が取得したことでも知られています。
その結果、日本酒の資格としては最も知名度が高くなっています。利酒師の資格を取得することで飲食店のプロデュースなどにも役立てることが可能です。
この利酒師の資格を国際的にしたものが国際利酒師の資格になります。認定試験が日本語以外の外国語で行われるのが特徴になります。
基本的には利酒師の資格と内容は同じなのですが、海外での日本酒市場の実態など独自の部分もあり、国際的に通用する資格の1つです。

利酒師の資格よりも上位となるのが酒匠という資格です。日本酒のみならず焼酎の知識も必要となるのが特徴になります。
また、テイスティングの能力を高めることにも重点をおいており、200種類以上のサンプルから練習を行うほどです。
専門的な知識を増やすだけではなく、自身のテイスティング能力を高めることが必須の資格になりますので、飲食店でも大いに役立てることができます。商品担当者などが取得することが多く、より実践的な資格です。
酒匠のさらに上位資格となるのが日本酒学講師です。先述した資格よりも消費者に対して魅力を伝えるノウハウを身につけることが前提となります。
飲食店の中でも日本酒に特化したバーなどを経営する、もしくは働きたい時にはその知識が活用できるでしょう。
非常に高度な専門知識を学習する資格になりますので、自分自身が講師としてセミナーを開講できるようになるのも特徴です。
飲食店で働くのか、もしくは自身が経営するのかで取得すべき資格は異なってきますが、以上で紹介した資格は取得しておいて損はありません。
自身のレベルや働く形態などに合わせて資格を取得してください。

日本酒の資格でも飲食店で役立つものは、利酒師もしくは酒匠となります。
上位資格である日本酒学講師の資格は、自身がお店を経営するレベルで活用できる内容を学べます。
勿論、仕事をしながら取得できる資格ばかりですので、スキルアップやキャリアップのために利用する人も少なくありませんよ。


日本酒のおすすめ資格

日本酒について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの日本酒スペシャリストは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて日本酒を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ日本酒の資格はこちら

日本酒資格
日本酒資格TOP