難易度別!日本酒の資格一覧


日本酒ブームの広がりとともに、関連する資格も多くなりました。その内容は、趣味の延長のようなものからビジネスで有用なものまで幅広く、どの資格を取得していいのか分からない人も少なくありません。
日本酒資格の難易度と内容も含めて知っておくと、取得時に迷うことはなくなるはずです。

難易度別 日本酒の資格

日本酒の資格の中でも難易度が低いのは日本酒検定、日本酒ナビゲーター、新潟清酒達人検定の3つです。
日本酒検定の資格は10級から1級までと段階別になっているのが特徴で、特に4級までならば趣味の範囲内の難易度でおさまります。
3級以上は専門的な知識が必要となるのですが、4級までは難易度が非常に低めの設定です。インターネットで無料受験できる手軽さが人気となっています。
日本酒ナビゲーターは、上位資格である日本酒学講師の資格を持つ人が主催するセミナーで取得可能です。
セミナーに参加するだけで取得できるものですので、難易度は低いといえます。
気軽に日本酒の基礎を知りたい人にはピッタリの資格です。
新潟清酒達人検定は新潟県が行っているローカルな資格になります。新潟の日本酒や特産品などについての知識が問われるもので、公式のテキストを読み込んでいれば試験は問題ありません。
ちなみに新潟清酒達人検定には金の達人、銀の達人、銅の達人の3つが用意されています。

中級の難易度となっているのが利酒師と酒匠の資格です。
利酒師はテイスティング能力や基礎的な知識が必要となります。日本酒の資格では最も知名度が高く、比較的に取得しやすいのが魅力です。
芸能人が取得したことでも話題となっており、日本酒が好きな人であればチャレンジする価値があります。
この利酒師の資格よりも上位となるのが酒匠の資格です。利酒師の資格よりもさらにテイスティング能力を問われるのが特徴になります。
200種類以上のサンプルから自身の味覚や嗅覚を高めるカリキュラムが用意されており、高度な知識を身につけることが可能です。
さらに難易度が上がるのが日本酒学講師の資格になります。利酒師や酒匠で身につけた知識を、消費者に魅力をもって伝える資格です。
日本酒だけではなく、焼酎の知識なども必要とされることから、難易度は高めになります。
この資格を取得すると、主催協会が認定する日本酒ナビゲーターのセミナーを開講できるのが魅力です。

日本酒の資格を難易度別にあげてみましたが、やはりビジネスで役立てようとするのなら、利酒師より上位の資格を狙うべきです。難易度が上がると専門的な知識が必要となり、資格取得に意味をもたせることができます。


日本酒のおすすめ資格

日本酒について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの日本酒スペシャリストは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて日本酒を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ日本酒の資格はこちら

日本酒資格
日本酒資格TOP