趣味の延長で目指せる!簡単な日本酒の資格


最近では日本酒の価値がますます高まっており、洋酒よりも好む人が増えています。
そうした状況で日本酒に関連する資格も多く提供されるようになりました。
基本的に日本酒関連の資格は製造側、消費者側と立ち位置がまるで異なるものも多く、実は趣味の延長レベルで取得できるものも珍しくありません。

趣味の延長で挑める!簡単な日本酒の資格

趣味の延長から目指せる日本酒の資格ですが、最も代表的なのは日本酒検定になります。
日本酒検定はその名の通りに日本酒に対する知識を問われる資格であり、10級から1級まで幅広く用意されているのが特徴です。会場で試験を受けることになる3級以上となると、専門的な知識が必要となってきます。
しかし、4級以下の資格ですと試験問題は基本的な内容が問われます。そのため趣味の延長で日本酒検定を受ける人も少なくありません。
また、日本酒検定の4級以下については自宅でインターネットを使うことで、試験を受けられるのも特徴です。
無料で受験できますので、余計な費用をかけることなく、資格の取得が目指せます。趣味の延長で目指せる上、手軽に受けられることが人気の理由です。

もう1つお勧めしたいのが日本酒ナビゲーターの資格になります。日本酒検定を主催する協会が発行する資格であり、こちらは試験を受ける必要はありません。
日本酒学講師が主催するセミナーに参加するだけで取得できるのが特徴です。
日本酒ナビゲーターは基礎的な歴史や日本酒の知識を学ぶことが中心で、セミナーによって内容が異なるのですがテイスティングの基礎も学べます。
講師によっては食事を楽しみながら日本酒の知識が学習できる場合があるので、気軽に参加しやすいのが魅力です。
日本酒が好きな方が参加するセミナーですので、趣味の延長レベルとしては打ってつけの資格になります。
セミナー修了後には認定証をもらうこともできますので、話のタネに参加する人も少なくありません。
もう少し本格的に学びたいのであれば、利酒師や酒匠といった資格があります。専門的な知識を学ぶことになりますので、資格を取得後にはビジネス面でも活用できるものです。
テイスティング能力を高めるだけではなく、日本酒にあわせた料理や飲み方、楽しみ方を総合的に学びたい人にお勧めできます。

日本酒の資格は上級のものもありますが、実は趣味の範囲で目指せるものも多くあるのです。その中でも代表的なのが日本酒検定と日本酒ナビゲーターの2つになります。
どちらも手軽に取得できるものですが、知識のみなら日本酒検定が良いです。
テイスティングの基礎も知りたいのなら、日本酒ナビゲーターを取得すると良いでしょう。


日本酒のおすすめ資格

日本酒について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの日本酒スペシャリストは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて日本酒を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ日本酒の資格はこちら

日本酒資格
日本酒資格TOP