日本酒学講師資格試験の難易度と活用法


日本酒学講師は日本酒や焼酎の魅力を消費者に伝えることを目的とした資格の1つです。
講師と資格名がつくだけに、自身が講師を務めることで消費者に魅力を伝えられるよう知識を学習します。
講師に必要なコミュニケーションスキルなどを身につけられるため、幅広い分野で活かすことができるでしょう。

日本酒学講師資格試験の難易度と活用法について

日本酒学講師はSSIという組織が運営する資格であり、認定証の発行を受けることができるとともに、FBO公認講師としても認定されるのが特徴です。FBO公認講師とは料飲専門家団体連合会が主催する資格の1つであり、飲食に関する講師を認定するものになります。
ちなみに日本酒学講師を取得した場合、SSIが公認している日本酒ナビゲーターと焼酎ナビゲーターの2つのセミナーを開催可能です。
また、これらのセミナーを受講した人に対して、資格認定を行うことができますので、上級資格の1つだと言えます。
日本酒学講師の資格を取得するには専門の講義を受けなくてはいけません。
その後、所定のレポートを提出し、主催協会からの審査に合格できれば取得できる形です。
資格取得の難易度はそこまで難しいものではありません。ただし、上級の資格となりますので、ある程度は基本的な知識を身につけておく必要があります。
特にSSIが主催する資格を取得しておくことで、よりスムーズに受講できるようになります。
利酒師や酒匠という資格だけではなく、先述した日本酒ナビゲーターなどもファーストステップとして活用可能です。

日本酒学講師の資格の活用方法ですが、最も多いのは自身がセミナーを主催して講師となることです。セミナーの講師のみではなく、飲食店などで働くスタッフについて基礎的な知識を講師として伝えるケースもあります。
他にも飲食店やバーなどで仕事をする時にも役立ってくれます。お客さんに対して日本酒や焼酎の基礎的な知識を伝えるだけではなく、料理との相性や提案なども可能なのが魅力です。
飲食業界においては幅広い活用ができるので、資格を取得しておくと役立つ場面に必ず遭遇するでしょう。
ちなみにセミナーを開催する時は主催協会でも宣伝をしてくれますので、アフターサポートも受けられます。

日本酒学講師は日本酒や焼酎の魅力を伝える資格です。消費者に直接伝えるだけではなく、飲食店や小売店などのスタッフに講師として伝えることもあるほど専門的な資格となります。
主催協会のSSIだけではなく、FBOの公認講師の資格も同時に取得できますので、日本酒が好きな人には魅力的な資格だといえますよ。


日本酒のおすすめ資格

日本酒について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの日本酒スペシャリストは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて日本酒を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ日本酒の資格はこちら

日本酒資格
日本酒資格TOP