日本酒の資格を取るのにかかる費用ってどれくらい?


日本酒の資格を取得する上で気になるのが費用です。資格によっては取得時の費用が何十万円にもなる場合があり、その点に不安を感じる人も少なくありません。
ただ、日本酒の資格はすべて民間団体が主催するものであり、資格取得の費用についてはそれぞれに大きく異なっています。

日本酒の資格を取るのにかかる費用

日本酒の資格取得に必要となる費用は難易度が上がるほど高くなっていくようです
日本酒ナビゲーターの資格はセミナーを受講するだけで取得できるもので、費用としては1万円程度になります。これはセミナーの参加費用となるのですが、講師によって内容が異なるので費用も多少は上下します。
難易度が高くなる利酒師や酒匠の資格ともなってくると、その費用としては10万円程度かかる形です。また、資格を取得するための講座にも別途費用がかかります。
難易度の高い資格でも数十万円程度の費用なので、日本酒資格そのものは比較的気軽に受験しやすい方でしょう。ちなみに日本酒検定という資格では10級から4級は無料で受験できます。
3級以上は費用が発生しますが、それでも数万円単位です。

日本酒の資格の費用ですが、その特徴としてあげておきたいのが入会費や年会費が必要な点です。多くの資格が主催協会に加入することを前提としており、加入時には入会費と年会費が必要となります。
大手であるSSIですと入会費と年会費は数万円程度ですむのですが、日本ソムリエ協会などであれば数十万円の費用がかかります。
試験やカリキュラムそのものは、他の資格と比較しても安価であることが多いのですが、別途費用がつく点は見逃せません。それでも国家資格を取得する際のような専門校の学費と比較すれば、安くつくのが特徴です。
また、主催協会に入会することでアフターサポートを受けられることもあるので、一概に年会費などの費用がデメリットであるとは限りません。
日本酒資格を取得する時には、こうした費用なども考慮しておくと良いでしょう。
すべての資格に入会費用や年会費がかかるわけではありませんので、資格を選択する際の一助ともなります。

趣味の延長のような資格からビジネスで通用する資格まで幅広いのが、日本酒資格の特徴です。
資格取得にかかる費用は安いものだと無料、一般的なものは1万円程度になります。
高くなっても10万円程度の費用で取得できますので、他のジャンルの資格と比較すれば安価な部類に入ります。入会費や年会費を含めても20万円から30万円程度です。
気軽に取得できる資格も多くありますので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。


日本酒のおすすめ資格

日本酒について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの日本酒スペシャリストは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて日本酒を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ日本酒の資格はこちら

日本酒資格
日本酒資格TOP