ソムリエ協会の認定日本酒資格について(概要と難易度)


お酒に関する資格として有名なのがソムリエで、日本国内におけるソムリエをまとめている団体がソムリエ協会です。このソムリエ協会が認定する日本酒の資格も存在しているのです。
知名度こそまだ高くはありませんが、信頼できる協会がバックについているのは大きな魅力です。

ソムリエ協会の認定日本酒資格~概要と難易度~

ソムリエ協会では日本の食文化を正しく伝えることを目的とし、日本酒に特化した資格制度を認定しています。
ここ数年で日本酒は国内だけではなく、海外でも認められるようになっており、その需要は増加する一方です。
そうした社会的な背景がある中で発足したのがJ.S.A.SAKE DIPLOMAとなります。
日本ソムリエ協会が認定する資格であり、日本酒の知識を効率よく学習できます。
J.S.A.SAKE DIPLOMAの試験を受けるには、最初に出願をしなくてはいけません。出願は日本ソムリエ協会の公式ウェブサイトで受け付けており、手軽に申請が行えます。
試験は一次試験と二次試験に分かれており、一次試験は筆記試験のみです。
二次試験ではテイスティングと論述試験の2つがあります。
この2つの試験で合格できれば晴れてJ.S.A.SAKE DIPLOMAを取得できます。
J.S.A.SAKE DIPLOMAの資格を取得するための条件の1つに、主催協会への入会があります。
主催協会に入会することで、受験料や会員費用の割引制度を設けているのも魅力です。

ソムリエ協会は大きな組織だけに、J.S.A.SAKE DIPLOMAの試験は日本全国の会場で受験できます。
ただ、二次試験となった場合、関東近郊であれば東京のみが会場となるなど、多少違いがあるので注意してください。
日本酒の資格としては比較的難易度は高い方ですが、あくまでもソムリエ資格の亜種という形です。
ただし、先述のように日本酒は国際的な地位を築いているお酒ですので、今後は資格を取得しておく方が有利になります。
洋酒のみしか提供していなかった店舗でも日本酒を置くようになるなど、需要の増加とともに有用性も増していく資格だと言えます。

ソムリエ協会が認定する日本酒の資格はJ.S.A.SAKE DIPLOMAになります。
日本酒に対する専門的な知識を必要とする資格で、テイスティングの能力も高められます。
飲食店に勤務する人が取得するケースが多く、日本酒資格の中でも人気のある方だと言えるでしょう。
小売の現場から資格取得を目指す人もおり、幅広い年代層の人たちが取得に向けたチャレンジをしています。


日本酒のおすすめ資格

日本酒について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの日本酒スペシャリストは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて日本酒を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ日本酒の資格はこちら

日本酒資格
日本酒資格TOP