きき酒師資格の試験概要と合格率


きき酒師はSSIが主催する資格の1つです。SSIが主催する日本酒の資格はいくつかあるのですが、その中でも上級に位置しています。
日本酒についての知識だけではなく、テイスティングやその楽しみ方を提供できるプロフェッショナルな資格です。

きき酒師資格の試験概要と合格率について

きき酒師の資格を受験するにはいくつか方法があります。最も代表的なのが通信制の講座です。
通信制の講座の場合、課題添削に合格すれば資格が取得できます。通学などでカリキュラムの受講をする場合は試験に合格する必要があるのが特徴です。
試験はカリキュラムを受講後に1年以内に会場にて受験します。試験内容としては1次から4次試験まで用意されています。
一次試験については酒類だけではなく飲食全般についての基礎知識が問われるもので、FBO認定会員の方は免除となるものです。
2次試験も筆記試験であり、こちらは日本酒に関する知識を問われます。三次試験は実技であるテイスティングです。
最後の4次試験は再び筆記問題で、日本酒の季節別提案方法やサービスに関する知識が出題されます。
公式での合格率の発表はありませんが、多くの人が合格をしていますので、そこまで難易度は高くないです。
広範囲にわたって知識が問われることになるので、しっかりと公式のテキストを読み込むことが重要になります。

試験に合格すると認定証と認定バッジが発行されます。また、FBOとの連携資格ですので、講師としての認定も受けることが可能です。
食品や飲料の総合的な知識を持っているF&Bナビゲーターの認定証が発行されるので、講師としての仕事もできます。
SSIが主催する資格の中でも代表的なものであり、最も高い人気を誇るのがきき酒師です。そのため幅広い受講スタイルが好評で、自分自身の都合に合わせて選択できます。
先述しましたが、試験をせずとも資格取得ができる通信制のコースが人気となっています。
飲食店関係や酒類の小売店などで働く人が取得することが多く、他にも旅館や観光協会などでも活用できる資格です。
幅広い知識を学習することになりますので、専門的な技術を必要とする職場でも役立てられます。

きき酒師の資格はSSIが主催する資格です。日本酒についての知識だけではなく、テイスティング能力なども含めて幅広い知識を試されます。
日本酒と合う食事や飲み方なども内容に含まれていることから、飲食店やメニューをプロデュースする仕事にも有用でしょう。
高い人気を誇る資格の1つですので、関連業界からの知名度も高く、取得することで多くの場面で役立ちます。チャレンジしてみましょう!


日本酒のおすすめ資格

日本酒について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの日本酒スペシャリストは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて日本酒を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ日本酒の資格はこちら

日本酒資格
日本酒資格TOP