きき酒師の資格を活かせる求人事例


きき酒師は日本酒のテイスティング能力を高めるための資格です。また、日本酒の楽しみ方や提供の仕方をプロデュースできる資格でもあり、幅広い面で役立てることができます。
昨今では海外でも日本酒専門のバーができるなど、活躍の場が広がっているのが現状ですので、日本酒が好きな方にはお勧めできる資格です。

きき酒師の資格を活かせる求人の事例

きき酒師の資格を活かせる求人についてですが、最も多いのは酒類の小売店でしょう。
販売店ではお客さんと直に接することになり、お勧めのお酒などを聞かれるケースも少なくありません。その時に専門的な知識を有していると、就職でも転職でも活用できるはずです。
また、似たようなケースですと小売店ではなく、飲食店なども同様です。
昨今では居酒屋だけでなく、日本酒を提供するお店のジャンルも増えていますので、そこで具体的な提案ができることは大きな強みになります。
他にも宿泊業者や旅行代理店などでも日本酒のプロフェッショナルとしての資格があれば活用できるでしょう。

少し変わった求人事例ですと日本酒のセミナー講師などもあります。日本酒の価値が高まる現在ではスタッフの教育にセミナーを開催するケースも少なくありません。結果、企業から雇われてセミナー講師を行うこともあるのです。
勿論、自分自身でセミナーを開講する手段もあります。日本酒と相性の良い料理の提案や、飲み方そのものをプロデュースできるのことは講師にとって大きな強みになります。
小売店だけではなく、卸販売を行っている業者に勤務をするとしても役立つ資格です。
バーテンダーや和食の提供がメインとなる料亭などで働く人がきき酒師の資格を取得するのも珍しくありません。
やはりお酒を提供する現場からの求人で役立つことが多く、その時にきき酒師の資格は効果を大きく発揮してくれることでしょう。
きき酒師の資格は通信講座で取得することも可能です。3ヶ月の学習期間内で3回の課題提出があり、すべてに合格すると取得できます。
他にも通学コースなどもあるのですが、気軽に利用できることから通信コースは高い人気を誇っています。

きき酒師の資格は日本酒のテイスティング能力や、料理との組み合わせなど幅広い知識を問われます。専門的な知識を身につけなければ資格取得が難しいのが特徴です。
比較的に手軽に取得できる通信制だけではなく、通学コースなども用意されているのも魅力になります。
飲食関係や酒類の小売店などから求人があるのが一般的ですが、他にも旅館などの宿泊業や料理のプロデュースをすることもあります。
日本酒に関して非常に幅広い知識を身につけられますので、取得を目指してチャレンジしてみましょう!


日本酒のおすすめ資格

日本酒について学び始めるには、手軽なweb講座がおすすめです。
formieの日本酒スペシャリストは初心者向けに網羅された内容をスマホで学習できるので、初めて日本酒を学ぶ方にはおすすめです。
→おすすめ日本酒の資格はこちら

日本酒資格
日本酒資格TOP